前へ
次へ

安値を付けられないように注意する

買い物をする側の立場なら、同じ商品ならできるだけ安く買える店を探します。
一般の人は自分で自分のものを売る経験をあまり持っていませんから、どうしたら高く見せられるかなどがわかりません。
リサイクルショップに買取をしてもらうときなどに何か工夫ができないか考えてみましょう。
リサイクルショップでは、業者側は一般の人から商品を買取ります。
この時業者はできるだけいい商品をできるだけ安く仕入れたいと考えます。
安く仕入れて高く売ればそれだけ利幅が取れるからです。
この時あまり安すぎる価値をつけると売ろうとした人から断られる可能性も出てきます。
買取る側は、売りに来た人を見てこの人なら安く買い取れそう、簡単には安くなりそうにないなどを見るときがあります。
安く買い取れそうな人、つまり、あまり相場などを知ってなさそうと判断されれば相場よりもかなり安い提示がされます。
一方相場を知ってそうな人に見られれば、それなりに高く査定してもらえます。

Page Top